躁鬱ぬるま湯日記

2016年11月に双極性障害の診断を受けました。最近は症状も落ち着いているので、緩めの精神疾患日記です。

「今、幸せ?」という愚問

私は屋根のある家で暮らしている。

私には仕事がある。

私には夫がいる。


全部私の大切にすべきものだ。


だけど他人からよく聞かれる「今、幸せ?」には本当に我慢がならない。


この質問は、私が幸せであるかどうか、もっと言うと私が自分を幸せと思っているかどうかで、私という人格を判断する材料になるからだ。

本当に虫酸が走る。


「幸せだよ」と答えた場合。


良かったね、おめでとう!とかえすのだろうか。

なんにも考えないでハッピーな質問をしたつもりなのかもしれない。


「いや、今はちょっと…」と、何か原因があって含みを持たせた言い方をしたとする。


その場合、どう思われるのだろう。


私の予測では「そうなんだ、大変なんだね」パターンと、

(私から見たら充分幸せそうなんだけど、気づいてないのかな)パターンがある。


私は幸せと答えても不幸と答えても、結局は相手の物差しで私のことを測られるこの質問がだいっきらいだ。


幸せは主観だ。


私にとって、幸せと不幸は複雑なグラデーション。


それなのになんでこんな失礼な質問に、端的にイエスかノーで答えなければいけないのか。