躁鬱ぬるま湯日記

2016年11月に双極性障害の診断を受けました。最近は症状も落ち着いているので、緩めの精神疾患日記です。

久しぶりに過去に書いた記事を読み直したら涙が止まらない。

 

もう母との確執も過去のことになったし、躁鬱だってどんどん良くなってきているのに、昔の記憶は簡単には消えないのか。

 

当時よりも情報を頭で整理できるようになったとは思う。

 

2年前の私、頑張ってたよね。

 

ほんとに辛くても、現実から逃げられるだけ逃げて頑張ったと思うよ。

 

当時は逃げてる自分のことさえ許せなかったけど、今になって自分を許してあげたい。

 

許してあげるって表現なんなんだよ、今も何も変わってないじゃん!とは思う。

 

いつか今の自分を許せる日がくるのかもしれない。そのころには違うことで自分を追い詰めていそうだけど。

 

もはや自分を追い詰めることは私の趣味になってしまっている。自分で自分を追い詰めないとここにいてはいけないような気がしてしまう。なんでなのかな。やっぱり私の人間としての根幹はそうそう変わらないのか。

 

どうしていつも、問題があるのは自分だけだって思って閉じこもってしまうのか。それはそれで傲慢なことだ。自己中心的だ。ナルシズムだ。浸っているだけだ。

 

でも誰かにそのことを指摘されたらキレるだろうな…。もうなんなんだよ。この日記もなんなんだよ。