躁鬱主婦日記

アダルトチルドレン、双極性障害。主婦。

年の瀬。

2017年も最後の日。やっぱりひとつの節目を感じる。

 

2017年は私にとっては辛い時期だったけど、同時に回復の時期でもあったと思う。双極性障害の診断を受けてから、薬を飲み始めて、量がどんどん増えていって不安だったけど、今は多少安定している時間が多くなったから、薬が効いているんだと思う。

 

本当は薬なしでも安定した状態を保てるといいんだけど。どうしても、過去に失敗したこととか、まだ想像もできない未来のことシュミレーションしてみたりとか、そういうのが抜けない。どんな人でも多少はそういうのあるでしょうけども、私の場合そればかりで1日潰れるから、どっちが偉いとかそういう話じゃないけど、ぼんやりと過ごす時間が必要なのは変わらない。

 

子供のころから「気働き」をしろと親に散々言われ続けて、気働き自体はできるようになったかもしれないけど、気が使えるかわりに、気が使えない人の分まで面倒みたりとか、正直そういうことが増えてくるのはストレスしかないわけで。妹たちももれなくそういう教育を受けているから、これから先どうなるのかちょっと不安だったり。

 

母親の愛情ゆえなのはわかってる。頭では。でも気づかなくてもいいことまで気づいてしまう性格に育ったのは、現代社会では割と損を食うなあと思う。その話はさておき。

 

少しづつ回復して、少しづつ仕事も進めて、少しづつ親と和解して。今年のキーワードは個人的に「すこしづつ」だったかなあと思います。

 

来年も少しづつ頑張ります。