躁鬱主婦日記

アダルトチルドレン、双極性障害。漫画家になった。

最悪で最高な夢見

高校時代にフラれた人に「いやずっと好きだったよ」って言われる夢見ちゃって、Aに申し訳ないやら、嬉しいやらで頭がおかしい。

 

今までも夢に出てくることは何回もあったけど、そしてそのたびに嬉しさと罪悪感がないまぜになってむしろ気持ち良くなってたりしてたんだけど、「好き」とはっきり言われたのは今回が初だった。いや夢だよバカ。こんちくしょう。

 

散々好意をもたされて、結局好きな子が2人いるって言われてボロボロになって、家庭環境もそのときボロボロだった私は恋愛に依存することできっとギリギリだったんだと思う。「好きな子」の2人目が多分自分だったと思うんだけど。そうじゃなきゃあんなに毎日メールとかスカイプとかしますかね生徒と。毎日毎日。食った食事の写真とか好きでもない子に送れるんですかね先生は。

 

まー前もこのこと、このブログに書いたけどね。

 

なんかもう、一回ちらっと見て、ああもうそうだよねおっさんだよねってがっかりしたい。それかがっかりされたい。俺の好きだった髪の長い女の子は今こんなに髪も刈り上げちゃってて、病気で精神も病んじゃってるのか、興味ないやって言われたい。

 

いや、なんでそこまで執着しなきゃいけないんだよ。6年前のことだよ。細胞すら全部入れ替わってるわ。執着自体が嘘。ただたまに思い出して浸ることはあっても、私があいつにされたことはひどかったと思う。私のことが好きでも好きじゃなくても。

 

Aだったら、例えば教師みたいに若い子と接する職業を選んでいても、絶対そのあたりの一線は引くと思う。絶対はなくても。仮に生徒に恋をしても、ちゃんとステップ踏む。私の時もそうしたもん。完全に前カノとも切れてるし。なんていいやつなんだAは。

 

あーーーーーーーーーー死にたい!!!!!!!夢なんかもう見たくない。