躁鬱主婦日記

アダルトチルドレン、双極性障害。漫画家になった。

歳をとった

歳をとりました。24歳、年女です。

 

基本的にブログ更新するときは精神的に落ちているときのほうが圧倒的に多いけれど、なんていうかバイオリズム?をいまだに掴みきれていなくって。

 

また人のことを妬み嫉み始めたり、ただただ眠くて、夕方まで布団から起き上がられなかったり、これは完全に鬱では…?というような感じ。

 

昨日は友人グループがコテージか何かで楽しそうにやってる写真を寝る前に見てしまったことで、なぜか頭がパンクしそうなくらい怒り狂い、嫉妬に燃えまして。

 

文章に起こすと淡々としてますけど、私本当に一度怒り出すとそのことばっかりに集中してしまうんですよ。なるべく考えないように考えないように努力しているつもりなんですけど。母のこと同様に。

 

数時間後に、私とそのことは一切関係ない、そいつらがつるんでばかりで多少キモイのもあるし私の嫉妬も入り混じってる、というところでようやく決着をつけました。

 

私がその友達グループのことを気に入らない理由のひとつとして、まあ勝手な理由ではあるんだけども、同じゼミに居てそこそこ仲間意識を持っていたのに、一言も「結婚おめでとう」とか言ってくれなかったことがひとつ。

 

私自身、他人の幸福を手放しで喜べる人間じゃないのにこんなことをいうのはあれだけども、同じゼミで、誕生日おめでとうなんかはちょこちょこやっていて、遊び仲間として私はカウントされてるものだと思っていたのに、いざ結婚となったら、おめでとうの一言を言ってきたのはたったの1人でした。(みんなで銭湯に行った時に風呂場でAには言ったそうです、他の面々は。でもゼミの友達として私に言うだろうそこは〜〜)

 

そのゼミには仲良くしている女子も2人いて、1人はコメントをくれたけど、1人はなぜかツイッターのフォローを外され、無反応。家にお招きされて遊んだり、その子の悩み相談を聞いた私ってなんだったんだろうと、そう思うのは現金すぎるのかな。

 

私はそれなりに絆を感じていたゼミの面々は、ほんとーにペラッペラだったんだなーと。まあ向こうも私に絆感じられてもな〜という程度に出席率は悪かったけど。反省点を挙げるとすればそれ。

 

でもなんか、本当に悔しくて。やっぱりあのゼミでイラストを描くことを一生懸命やっていたら、今この関係性ってもっとこう、私はAの彼女、妻、付属品、ではなかったのかもしれないとも思えて。過去を悔やんでも仕方のないことだし、私が闘病生活を送っていることもゼミメンバーは大体?知っているから、遊びにだって気楽には誘えないだろうし。

 

そもそも私のようなメンヘラに会いたいはずないよな、うん。となってしまって。

 

台風の低気圧のせいもあってか体も心もどんよりと重くて。どうして私はこうなんだろうっていう、考えても仕方ないことに終始して、退屈で。

 

久しぶりに死にたいなーと思いました。去年に比べればかなりファッション感覚ですけどね。

 

 

 

そうそう、お医者さんに「?」と感じることが増えてきたから、いい加減転院しようかなと思っとります。薬の飲み方を調整するだけでほんとによくなってるのか?なってないと思う。

 

ラミクタールがくそまずいなんて、双極性障害の患者あるあるだと思うのに、そのことについても知らなかったし。この間も医療費1割負担について詳しく尋ねたらそれは分からないので受付で…みたいな感じで、この病院にかかるすべての人が医療費1割負担の制度を利用するだろうに、なんでそのことをサワリだけでも頭に入れてないんだろう…とか。

 

でも今よりいいお医者さんを探す手間も億劫で。