定まらない日記

身の回りのことを書きます。アダルトチルドレン、双極性障害。

ひとりコメントをくれたひとにひどい言い方で拒絶したことで、多分他の方も傷つけただろうと思う。こうやって一人を理不尽に拒絶すれば、それを見た誰かがこいつを助けるのはやめようと思うので、孤立することになるんだろうと思う。

 

だからたいていの人はよっぽどのことがない限りキレないし、キレたとしても自分の味方が得られるようなキレ方ができるんだと思う。そのほうが建設的だからね。

 

早く死にたいと思っているのはそういう部分に現れていると思う。というか、やけっぱち。イラついたらいきなり周りにいる無関係な人間を殴ったりするのは理不尽でおかしいことだけど、ありえない話じゃない。なにがいいとか悪いとかじゃなくて、私の精神状態がまず良くないし、私が本気で助けてもらおうと思っていない時に助けようとするおせっかいをかけてこっぴどい目にあったとしても私の知った話ではないぞ、ということだ。

 

こういうのを見ているのが嫌だと思うなら見なければいいし、私ももうなんか疲れた。どうせ今回のことで味方のしようがないから味方してくれる人もいなくなるだろうし、だったらみんなこんなブログ見ないわけだから自分のパソコンのテキストフォルダで勝手にやってたほうがいいと思う。

 

Aと喧嘩したりしてもすぐにそうなる。他に行くところもなければもういつでもいいから死にたいと思う瞬間が非常に多いので、すぐ死ねる場所探しを始める。

 

母親も結局私の話を聞いてはくれない。自分のしたい話だけを延々としゃべっている。私は家出したりキレたり、人を幸せにすることが何もできていないので余計に自分の生に意味を感じられず死にたいと思う。

 

ただ死にたい死にたい言ってるうちは無害だからみんなかわいそうがってくれるけど、これが実害があることがわかれば臭いものにはフタをされるだけだ。そして孤立するだけ。

 

私だけじゃないと思う。こういうの。でも耐えられない。

 

幸せな人々の幸せ自慢が恐ろしい。見なければいいと思う。閉じこもる。

 

幸せな人々が助けてくれるのが怖い。どんどん自分が嫌いになる。いつでもいいから早く人生が終わってほしいと思う。

 

そしてこういう考えに至るのは全部自分のせい、甘えだと思って黙っているようになる。

 

それも私の選んだ生き方でしかない。生き方を上手に選んで変わることができないのなら、これは病気なんだよって言われてしまうんなら、もう死にたいって言ってる。