読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定まらない日記

身の回りのことを書きます。アダルトチルドレン、双極性障害。

死と隣り合わせ

一昨日から生理なので体調が悪くて常に眠たい。普段からピルを服用してそろそろ1年くらいになるが、痛みはまだ少しある。子宮の内膜は小さくなっていないのかなー。

 

生理は規則正しければ1ヶ月に1度必ず来るものだ。でも何日に来るかわからなかったり遅れたりすることもあって、そろそろ生理が来るかな、と待っていたら一週間以上来なくて慌てることも多々ある。不順の人で3ヶ月待っても来ない(セックスもしてないので妊娠ではなく)というような人も居たりする。その人は婦人科でホルモン注射打ってたなあ。

 

ピルを飲むと、所定の休薬日に血が出るようにできているので、いつ生理になるかの予定がはっきりしていてとても便利。しかも薬を飲み続けて休薬日をずらせば一緒に生理日もずらすことができるので、旅行とか外せない絶対の用事とかにも対応しやすい。待っているストレスもないしね。

 

もちろん生理痛も楽になる。私はピルを飲まないと生理のとき脂汗が止まらなくなり、腰から下の寒気でガクガク震え、立ち上がるのも辛く、内臓にバキバキとした痛みが走る。使っていくうちにだんだん経血の量も減っていくらしい。たしかに減っているような感じはしないでもない。

 

生理前のイライラとか胸が張るとかの、PMSにも効果があるらしい。生理前はやっぱり少しお腹が膨らむしぼーっとしたりするし、そこはあんまり効いているのかどうか実感が薄いかな。

 

まだそういうことを誰かに直接言われたことはないけど、男性の人で「ピル飲んでるってことは中出しし放題なんでしょ、ビッチだね」みたいなことを連想してしまう人もいるらしい。まあまだ会ったことないからいいんだけど。

 

同年代の友達で、生理痛が重いのに私がピルの話をしても実際に飲もうとする子は少ないように思う。まあ鎮痛剤で済むならそれでいいんだけどね、血栓症のリスクも完全にないわけじゃないし。

 

自分の排卵期や生理周期を知らない子も多くいる。前にいつ生理が来たか記録していない子もいる。そのくらい、同じ女でも生理が重いかどうかで関心の比重が違うのはちょっとやばいよなあとも思う。とくに今は、スマホアプリにいつ生理が来たかを記録すればそれだけで勝手に周期も排卵期も計算してくれちゃうから、やっぱりやっといたほうがいいんじゃないかなあ。たとえ恋人がいなくて妊娠する可能性がゼロだったとしてもね。

 

でも友人にそこまで言うとさすがに説教くさいというかお母さんみたいになるので、ピルいいよ!くらいに留めているけど。なんでもやってみないとわからないことはあるもんね。

 

この歳で病院に通いすぎではと思うんだけど、結局誰でもいずれはどこかしらが悪くなって病院と関わることを考えれば、早いうちに経験しておくことも悪くはないかも。健康な方がそりゃいいけど、健康のありがたみとか若いうちに知っておけたな、と思う。

 

希死念慮とは違うけど最近は自分がどういう死に方をするのかよく考える。メメントモリ?次の瞬間に脳みその血管が詰まってしまうことだって完全にないわけじゃない。ビルから鉄骨が降ってくることだってないわけじゃない。通り魔に刺されて死ぬかもしれない。

 

2016年は本当に毎日ずっと死にたくて、でもその真っ只中にいた時は不思議と、自分が死と隣り合わせで生きているという感覚ではなかった。死は実行して叶う救いのひとつのような気がしていた。

 

今年に入ってからはあまり死にたいと思うことはなくなったけど、2016年の私が死と隣り合わせだったこと、今の自分もそう変わらず何が起きるかわからない、隣り合わせ感を味わっているというか、うまく説明できないけどそういうふうに死への距離感が変わった。

 

いいことか悪いことかで言うといいことだと思った。死を救いにして生きるのを我慢しているのはつらいことだから。今でもどうしようもなく生きるのが辛い日はあるけれど、死を救いとしては捉えていない。あんまり怖いとか脅威であるとかもないんだけど。でもいつでも隣にいる、本当に起こりうる出来事として捉えてる。

 

パートナーが死んでしまったひとのブログとかもいくつか読んで、私はAを失うことが怖いなと思った。去年は、Aの友人も恋人の後を追って死んでしまった。その絶望は計り知れない。私も思うだろう、今死ねばAに会える、と。

 

Aに健康でいてもらうためにこれからもお弁当作りを頑張ろうと思う。

広告を非表示にする