躁鬱主婦日記

アダルトチルドレン、双極性障害。漫画家になった。

もうなんにもわからない

私は家族のことも好きだったはずだし、彼氏であるAのことも好きだったはずなのに、今その両方が結婚するのしないのでもめているのって、なんにも幸せじゃないよね。

 

今すぐAのところから出て行こうかと思ってしまう瞬間が何回かある。それって衝動性?家族のところから逃げてここまでやってきたのと同じように、Aのところからいなくなりたい。

 

Aは「結婚することを特別なこととは思っていない、家族を大切にすることは当たり前のことだし。だいじょうぶだよ、まあまあ幸せになれるよ」と言ってくれて、こんな私のことをかばおうとしてくれている。

 

私の家族と話し合うことになったけど、私がついて行きたくないならついてこなくてもいいよ、と言ってくれた。まあ行くけどさ。Aのことが大切だからね、どんな話し合いになるのか聞きに行ったほうがいいとは私も思う。いやわからない、直前になって嫌すぎていけなくなるかもしれない、そこはわからない。

 

結婚前に彼氏と家族がもめるのなんてよくあることっぽいけどさ、まあ事情が事情なわけで、しかもお母さんは全然信頼してないくせにお父さんにそのことを話し合わせようとしてて、そういうところだけ昭和のセオリー?を守って家長のいうことに従う、みたいな、もうよくわかんないよそれ。

 

お父さんに対してお母さんはほんとうに冷たかった。お父さんが少しずれたことを言ったらわかりやすく冷たすぎるため息をついて、もうしゃべらないでとかそういうことを叩きつけるように言って、ハシをぴしゃっと置く。それを見た妹たちはお母さんの味方で、うわあまたお父さんが変なこと言ってお母さんの機嫌が悪くなっちゃった、と思う。ただただ喉の奥にご飯を流し込んで私は二階の自分の部屋に逃げ込む。その繰り返し。

 

「おとうのことが嫌い」とお母さんは娘たちにはっきり言ったし、お母さんが今までしてきた苦労のことを思えば、(お父さんがアスペルガーだったこと、浪費グセなど)お母さんがお父さんに生理的嫌悪感を抱くのはもう仕方のないことだとみんな思っていた。

 

長女の私だけは、お母さんの浮気相手のことをいつも知っていた。どんな人か、どんなふうにお母さんに好きだということを伝えるのか、知ってた。

 

ずっとそんな風だったけど、私が出て行って1年半くらいたって家の中が何か変わったのだろうか。出て行ってからのメールには、「男としては見れないけど娘を育てるパートナーとしては信頼してます」と書いてあったけど。そんな扱いをずっと受けていたのに、家族で話し合うときには家長として立てられている。わからない。どこの家でもそうなのだろうか?実際父親は家族から虐げられているし妻は浮気しているけど、重大な決定のときには家長として振る舞う、決定する、そういうことだろうか?

 

実際お父さんはほんとうにしょうもないところがあった。私も決して大好きな父親であるとは言えないし、母に至ってはその父の血を引く2人の妹たちのことも、「ほんとうにそういうところあの人に似てるよね」と言ったこともあった。そのことを妹は一時期ほんとに気にしていた。

 

ああ、書けば書くほどわからない。私が間違っていた、もうそれでいい。

 

どうしてAの両親は私のことを責めたり追い出したりしないんだろう。むしろ生活が楽になるなら早く結婚しちゃえ、くらいのものなのだった。そっちがポピュラーなの?

 

Aのことがどうして好きなのかわからなくなってきた。私を守ってくれるから?優しいから?私はこの人とずっとやっていけるだろうか、子供ができたりしたらどうする?もう考えなくてもいいかな。

 

最近どんどん睡眠時間が延びているのって絶対このことが原因なんだと思う。