定まらない日記

主婦。アダルトチルドレン、双極性障害。

のろけ

昨日はAとお互いの収支について見直そうという話になり、1ヶ月に固定で出て行くお金をお互いに把握したりした。

 

Aは「2人でなんとか生きていかなきゃいけないんだから」と言ってくれる。まあ本当は2人でどうしても一緒に生きていけなきゃいけない理由なんていうのはない。Aは常に家計を圧迫する私という存在をバッサリ断ち切って今後の人生を新しい気持ちで過ごしていくことも可能。私ときたらその関係に甘えただれているので、時々A、大丈夫か…?という気持ちになってしまう。

 

さっき、Aからラインが来ていたから見てみれば「Kちゃんに美味しいもの食べさせてあげたいなあ」なんて用事でもなんでもない、私が得しかしないAの希望?のようなことが書いてあって、Aはストックホルム症候群のようなことになっているのではなかろうかと思う。

 

おとといもAがゲームセンターで大きなぬいぐるみをとったので抱えて生活していたら「そんなに喜んでくれて嬉しい、あたまをなでなでさせてね」とか言っていてなんだか甘々に優しいのだった。別にぬいぐるみがそんなに気に入ったというわけじゃなくて抱えて落ち着くのに手頃だからなあくらいのものなんだけど。これ読んだ人はイライラするでしょうね、ざまあみろ。私が若いうちに吸える甘い汁はとことん吸わせていただこうと思っている。Aが私を好きでいるうちはずっとそばにいる。よそ見しない。私の方がAに献身的なところだってもちろんあるのだから、それだけだ。

 

ところで「のろけ」って単語の見事にただれた感じ、絶妙に甘くて迷惑な感じ、ものすごいですね。

広告を非表示にする