読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定まらない日記

身の回りのことを書きます。アダルトチルドレン、双極性障害。

ぽかーーんとしている。母親と何回かメールのやりとりをしたんだけど、私のわかって欲しい気持ちが強すぎた。アダルトチルドレンの話は自分の親にしても意味がない、理解はされにくいって事例を何件も見て知っていたのに、病院に行った事をスムーズに理解してもらえると思って、つい言ってしまったのはよくなかった。

 

これ以上メールのやりとりをしても両方すり減るばかりだし、もう何やっても無駄なんだな、理解されたい、親の対応を変えて欲しいって思っても変わらない。それが母親がいうところの芯で、芯があったからここまで子供達を育てていく事ができたって言われてしまったらもう、他に言える事はない。

 

「私は母親であって友達ではない」とまで言われた。こっちのセリフだよ、と思った。何度も何度も母親の恋の話を聞かされた私から言いたかったよ、それ。

 

「育っていく過程を見て、私はあなたがアダルトチルドレンだとは思わなかった」とも書いてあった。私は自分自身を必死で隠していたつもりだったし、そんなパッと見て私が何にトラウマを感じているかとかわかるわけないじゃん、わかってたらこうなってないから。

 

とかなんとか書いても全くの無意味である事が今日はっきりした。

 

わかってる。自分の人生の責任は自分にある。産んでくれ、なんて頼んだ覚えはなくても生きていかなくてはいけないのだ。それは人類みんなその条件でやっている。

 

だから私が毎日陰々滅々と過ごして楽しい事がなんにもなかったとしてもそれは母の責任じゃない。私のせい。

でもなんだか楽しく生きるって事が遥か彼方にあるように感じられる。

 

死にたい、って言ったところで、死ねないのだ。どうせ。じゃあどうやって生きていくの?どうやったらこの真っ暗な状況から抜け出せるの?考えてばかりじゃダメ、動かなきゃ、じゃあ何をしたらいいの?23にもなってなんにもできずにうずくまって泣いていると自分がどんどん弱くなっていって、そんなはずはないのに世界一弱いような気がしてしまう。ばかみたい。私はばかだ。もう全部どうでもいい。

 

話さなければよかった。

 

妹も私と同じで自己肯定感が低いから、母は今回の事を受けて自分のせいかもしれないと思ってるみたいだけど、アダルトチルドレンに関する本を読んで欲しいと言ったらつっぱねられた。なんで私がそこまでしなくちゃいけない?と言われた。その通りだよね、変わってもらえると思った、その努力をして欲しいと思った、わがまま。

 

妹が私のように自己肯定感が低く自分を好きになれず育っていったとしても、私は助けてあげられる気がしない。私が全然助かっていないから。

 

でも母からのメールは愛しています。で締めくくられていた。私もお母さんの事が好きなのに、どうしてこうなっちゃうんだろう。

 

母からすると、私が母の事が好きだけど母を傷つけたくないし、自分が傷つくから離れて暮らす、という選択をした事は「母が嫌い、母の何かがダメだった」という事実でしかなく、傷ついているという。そりゃそうだと思う。

 

ただ私は母からネグレクトを受けたわけでも虐待を受けたわけでもないし母の事は大切に思っている、家庭の事情だって母のわがままでこうなったわけではなくて、どうしようもないことばかり降り積もった結果であるから、その点で母を責める気はない、と何度も書いているけど、結局やっていることが母親をきずつける行動になってしまっているわけだから、もうどうしたらいいのかわからない。

 

思えば中学生くらいからずっとこんなことをぐるぐる考えて泣いて枕を濡らしていたな。私が単純に幸せを感じにくい、楽しくいることができない、自分も周りもみとめることができない、それがずっと生きづらくて仕方なかったんだけど。

 

その生きづらさがアダルトチルドレンだったからなんだって、本を読んでインターネットで調べて、やっとたどり着いたように感じたから、なんだか、子供みたいに、褒めてもらいたかったのかもしれない。

 

 母は「自分の心は自分次第」と言ったけど、カウンセリングでも投薬でもなんでもいいから、早く私のこの気持ちをなんとかしたい。病院に通い出したことだって私からすれば前向きな一歩のひとつだって、そう思っていたいんだ。