定まらない日記

主婦。アダルトチルドレン、双極性障害。

恋人の愚痴をどう処理するか問題

昔ちょっとだけ嫌な思いをした、心に微妙にひっかかっていたことが、あとあと毒を吹き出してきて、めちゃくちゃイラつくことがある。特に女は生理前なんかはだめですね。こないだ生理終わったばっかだけど。

 

私と恋人Aは、同じ専門学校で出会った。3年間の専門学生時代。Aとは1年生のときに同じクラスで友達付き合いがスタートし、徐々に仲良くなっていって2年生のころから付き合い始めた。現在に至るまで恋人同士である。恋人同士になってから3年半の付き合いだ。これからどう転ぶかはわからないが。

同じ学校内で付き合っていると、たま〜にあるんだけど、私とあまり仲良くはなくて、Aとはそれなりにクラスメイトとして付き合いがあったりする女子。「Aってあんなところがあって厄介だよね」という内容で私に話しかけてくることがたまにあった。「たまに」と書くことから察してほしいが、1回や2回ではない。それを私に告げ口してくるのは、同じ人物であったり、そうでないこともあった。

 

なんだろう、説明が難しいな…彼女たちは、Aと普通に友達付き合いをしており、しかも別にAのことを異性として狙っているとかそういうことはまるでない。多分ない。ただ純粋に、普段Aと友達づきあいをしていて感じた問題点を、彼女の私に「あんな人と付き合って大変じゃない?」と言ってくるわけだ。

あのねえ、それってどうなの?そりゃ私の方がAと深くつきあっており、彼の問題点もあなたが感じる程度のことは重々承知なんではありますけれど。まず私が付き合っているAの批判から始まるばかりか、私にその内容で共感を得ようとしているところが腹がたつんですよね。

Aのいいところも優しいところもあなたは享受できないのだから仕方ないのかもしれない。むしろ自分のいいところや優しいところをむやみに振りまくような男ではなかったことを感謝すべきかもしれない。

 

…ということを先刻急に思い出して、何やらカッときてしまって、Aに「大好きだよ」とラインをした。返事は「せやろ」。……「せやろ」!!?なんなの!!(理不尽な怒り)

 

Aは確かに、彼女の私もびっくりするほど時々女子に対するデリカシーがない。貧乳の女の子のトークに無理やり混ざって、「背中かと思ったよ」とブッ飛ばしていく、ヤバさがある。その発言セクハラだし。

彼女の私に対しても、優しいことは優しいけど時々わけのわからないブッ飛んだことをする。代々木公園を散歩中、突然大外刈りをかけられて地面に倒されたり。何かの間違いかと思い立ち上がっても、もう一度大外刈りをかけられたり。理由を聞いたら、私を道に倒すのがなんだか可愛かったそうで。サイコパスなのか?

 

そういえば今年のバレンタインデーなんか、私が作った菓子が少し水っぽくなってしまったのが悪かったのだけど、「まずい」と言われて私は機嫌が悪くなりAを無視していたら、右側の頬をめちゃくちゃに吸われて、まるでアンパンマンのような痣が片方のほっぺたにできてしまう、という珍事もあった。意味がわからないうえに悲しかったな。化粧で隠れるような感じじゃなかったから次の日の予定もキャンセルしたし。

 

と、このように書くと彼の異常な感じが際立ってしまっているし、「そんな人と付き合って大変じゃない?」と言われても仕方ない感じの文章になってしまったけれど、彼は面白いし優しいし恐らく浮気もしなさそうだし、私は今まで彼がいたから乗り越えられたいろいろなことがあって、一緒にいるわけだから、本当に好きなんですよ。大変かどうかは私が決めます。あ、今後はそういうふうに返せばいいのか。なんかむきになってるの丸出しでどうかな…。

 

たまには私も、友達にAのことを愚痴りたいときもある。ある程度愚痴ると、まあ結構アレな内容だったりすることもあるのでそういう回答になっちゃうんだろうけど、「別れなよ」とか「距離置いたら?」と言われることが多い。

距離置いたら、はまだわかる。物理的な距離がおけないのは私たちが2人で暮らしているせいなのだから、相談した友人が客観的に見てそう思うなら、まあそうなんだろうと思う。

でも何を話しても「別れなよ」といってくるタイプの女友達はわりと腹が立ってくる。相談してるのはこちらなわけだし、時間とって申し訳ありませんでした、で腹の虫の居所をよくして冷静になるようにしているが、はっきり言わせていただけば、簡単に切れる関係ならとっくに相談なんかせずとも切れてるんですよ、ということを分からないのは愚痴った相手に恋人が長いこといないからじゃ〜ないんですかね!!と思ってしまうわけ…。あさましいだろうか。

 

今回は思い出しながら腹が立ったことを書いているから、最近はもうね、基本的にごく近しい人物に、少量を愚痴るようにして、私もさすがに学びました。私が何で苦しもうと、恋愛であるかぎりは痴話喧嘩でしかなく、えり好みしてわざわざ苦しんでいるわけなのです。

というか、愚痴がコミュニケーションの一部になると思っていた私の方がおごっていたのかもしれない。望んだ回答が得られる日は来ない。にこにこして過ごせるように、裏で泣いていても努力できる人のほうが美しいのでは?とも思う。聖人君子にはなれないけど。

 

経験や体験していない事で相手の視点にたって考えるというのはすごく難しいことですから、私もそろそろ、何年も付き合っている彼氏がいる女の子の友達とおしゃべりしたいなあ。いないわけじゃないんだけど、あんまり会わないからなあ。