定まらない日記

主婦。アダルトチルドレン、双極性障害。

私の恋人、A

眠れない

だめだー眠れない。まあ昼寝てるから夜眠れないのは当たり前なんだけどね。 Aに「女としての魅力がない」と言われたのが相当ダメージ食らってる。 確かに私は専業主婦で、家にこもりっきりですけど、起きたらちゃんと自分が可愛いと思う服に着替えているし。…

さみしい

最近Aとあまり噛み合っていない。前のようなラブラブ感がない。 仕方ない、Aは平日は10時とか11時まで働いて、帰って来たら自分の好きなゲームをして、お風呂に入って寝る。これが平日のルーティーン、夜の11時に帰って来ても私に対して不機嫌で当たるような…

昨日私が寝ようとしてるAの横でドラマを見ていたら「明日見なよ」と言われたけど私が我慢できず隣の部屋に移ってドラマ終わるまでパソコンで見ていて、見終わってからツイッター見たらAが「キレそう」とつぶやいていて怒ったんだなと思った。 今日朝起きてか…

しあわせになれなくてもいい

前にも言われたような気がするので過去の記事にも書いたかもしれないが、昨日Aが私に、「べつに幸せになれなくてもいいよ」と言った。私がまた、結婚することに対して「こんなんじゃ幸せになれないかもしれない」と言ったからだった。 私は幸せになりたいと…

お弁当の話

今日も今日とて(この表現使うのはオタク)眠れません。 今日、というか昨日は繁忙期のAがいつもより1時間も早く帰ってこられたので、2人でアニメ見るなどして少しのんびりできた。最近のAはいつも23時半に会社を出て、0時半に家に着き、そこからお風呂に入…

「泣きながらごはんを食べた人は生きていけます」

昨日ブログを更新した後夕方から20時くらいまで横になったんだけど、そのあと本当に何もないのに涙が止まらなくなった。足も腕も重くて、何か食べたりして元気を出さなきゃと思ったんだけどどうしても布団から動けなくなって、ただひたすら顔の前でyoutube流…

結婚は人生の墓場か

Aと結婚しようという話になった。またか。 結婚したほうが生活費も浮くし、一緒に暮らし事実婚もしていて、ほとんど妻であるのだから、別に籍を入れない理由はないのだ。ただ私が漠然と結婚に不安があるだけ。定型的な憧れと現実の落差がとても激しいだけ。 …

のろけ

昨日はAとお互いの収支について見直そうという話になり、1ヶ月に固定で出て行くお金をお互いに把握したりした。 Aは「2人でなんとか生きていかなきゃいけないんだから」と言ってくれる。まあ本当は2人でどうしても一緒に生きていけなきゃいけない理由なんて…

Aの誕生日

今日は恋人Aの誕生日である。昨日の夜12時にケーキを食べて、毎年恒例の手紙を渡してお祝いした。 プレゼントは今日発売するダンガンロンパV3を予約しようとしたけれど、お金がないのに新しいゲームソフトいらない、とまっとうなことを言われてしまった。ま…

社会

いまのアルバイトが倉庫作業なんだけど、その倉庫があまりに寒くて、私物持ち込みも禁止でブランケットとか持ち込めず、治っても治っても膀胱炎がぶりかえすのでトイレに通い詰めで、ついに来月からのお仕事は紹介できませんと言われてしまったので、またニ…

こども

籍を入れる結婚に踏み切る事が難しい。私が精神科にかかり自立もしていないこの状況での結婚は、どう考えても誰が見ても思わしくないものだろう。私自身、さすがにこれはないと思っている。 親に挨拶をしにいくこともウッとなることのひとつではあるけど、本…

こんな私が結婚してもいいの?

ぐるぐると過去にあったことを思い出しては、こうやって泣いている自分がおかしいんじゃないかと思う。こんなことでいちいち立ち止まる自分に、家庭を持つことは難しいと思ってしまう。家族になるっていうことは幸せな出来事のはずなのに、私は不安でいっぱ…

デートの計画を立てない、場所を調べない恋人について

本当にないものねだりで申し訳ないと思いつつも、今日も文句をしたためる。 それは恋人であるAに、デートなど出かけるときの計画性がほぼないということ。 今日は数日前から行きたいと言っていた近所の銭湯に出かけることとなった。Aには2時間後に友人と飲…

恋は、すべて?

今日はこれを読み終わったんですけど。 恋は、あなたのすべてじゃない (角川文庫) 作者: 石田衣良 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング) 発売日: 2012/01/25 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 1回 この商品を含むブログを見る なんか……

恋人の愚痴をどう処理するか問題

昔ちょっとだけ嫌な思いをした、心に微妙にひっかかっていたことが、あとあと毒を吹き出してきて、めちゃくちゃイラつくことがある。特に女は生理前なんかはだめですね。こないだ生理終わったばっかだけど。 私と恋人Aは、同じ専門学校で出会った。3年間の…

人に頼ってみること

インスタグラムに、私とAの共通の男友達の写真があがっていたので見ていたら、どうやら先週末に男友達5、6人くらいのグループで旅行に行っていた様子だった。 Aと私は同じ専門学校で出会った。写真に写る男たちは全員、私たち2人がよく知る、同級生という…

私と恋人のA

Aは私の恋人で、3年半ほどの付き合いだ。いっしょに暮らし始めて大体1年くらいになる。 Aは最近、「何をしても楽しくない」「仕事が楽しくない」「いつ仕事やめようかなー」と仕事をやめることばかり考えている。中肉中背だと思う。手がかなりデカい。自分が…