躁鬱主婦日記

アダルトチルドレン、双極性障害。漫画家になった。

思いの外だめだった

今週末実家に帰ることのせいだと思うしかないんだけど、今日はだめだ。友達と会う約束、断ってしまった。同じ双極性障害の子だからもちろん理解はあるので快くオッケーしてくれたけど。

 

新しい約束もちゃんと取り付けておいた。そこは進歩かなあ。本当につらくて、しかも自分が病気だということもわからなかった時は、人とどんな約束をしてもしんどかった。

 

それが三週間後の予定とかだったりすると特にだめだった。何がだめかっていうと、三週間後自分がこなすべき予定があるということを常に意識してしまってだめだった。この感覚がわからない人のほうがきっと多い。そういう人はそのままでいてほしい。

 

最近は1日バイトとかにも行けてたし、外出できるきっかけを自分から作って遅刻しないように家出る時間とか準備する時間計算するっていうのができていたのに、こういうことができなくなってくるとほんとにつらい。こういうところが病気なんだよなって思わせられるというか。

 

正直自分でも、自分の浮き沈みの激しさは元からの正確由来のもので甘えなんだと思ってるフシがある。他の双極性障害や鬱患ってる人にそんなこと思わないけどね。なんだろう、やっぱり自分の存在を許せないのかもしれない。そんなことを考えても生きるしかないのだが。

 

常に死ぬことが自分の選択肢に入ってる、というのはうつ病の人の多くがそうらしいね。死ぬ選択肢が常に入ってる時は、そのことが自然だから「死にたい」って思いながら生きてるのがつらい。死ぬ選択肢がとりあえず遠くの方に行ってくれたときは、精神的に楽になるけど、これから生きていくのに自分にはいろんなものが足りないんだなって実感がドスドスやってきて悲しくなる。

 

でもこんなの普通に生きてればみんなそうだよね、自分ばっかがつらいわけじゃないんだよね、どうして私は他の人みたいにがまんできなかったんだろ、病気になっちゃったんだろうって思う。

 

親とか叔母からのメールに書いてある「どうして病気なんて」とかの文章にも同じ匂いを感じる。どうしてあなたは病気になっちゃったの?耐えられないほど私たちはあなたを追い詰めたの?って。私はこの人たちに育てられたからこういう考えがぬぐいきれないのではないか?とか。それすらも成人したら責任転嫁でしょうか。

 

実家に帰っていったいどんな話し合いが行われるのだろう。多分私が病気だから、一回実家に帰して病気が良くなるように家族がサポートするよ、みたいな話になるんだと思う。うちの家族はこういうとき助けられると思ってるし助けるのが家族の役目だと思ってる、愛情にあふれてる。

 

でも私はきっと実家にいて自分の部屋でごはんを待つ生活をしたら、今以上に罪の意識に苛まれる。家族といっしょにいると息がつまる。人の家で居候をしたほうが私にはずっと気が楽なんだ。それを逃げと言われたらどうしようもない。

 

逃げていい、って風潮ってまじでインターネットの中だけの話だと思う。本当は逃げていい場面ってそんなに多くないんじゃない?逃げたぶんだけの別の角度からの責任とか、逃げる人は負いきれないんじゃない?

 

いや、本当はどの場面でも逃げる権利は誰にでもある。社会がそれを許さないだけで。私の周りの人々が許してくれても、私の家族は許さないと思う。社会性を常に問われてきたから。

 

母は私が中学生くらいの頃、「気働き」ができるようにならなきゃだめだということでよく私を叱った。妹もそれでよく叱られている。

 

例えば母が夕飯の準備を始めたときに、箸やお茶碗の準備をする、とか母が疲れていそうな時は洗濯物を代わりに畳もうか、と声をかけるだとか、そんなの。家庭でそういう気遣いができない人は社会に出てもそういう気遣いができないから使えない。親の顔に泥を塗ることになる。そういう内容が多かったように思う。とにかく気が利かないということが1番悪いこととして扱われる家庭だった。

 

母曰く、気働きをするかしないかということは自分の全ての行動につながっていて、ひとつ行動がしっかりすれば、朝起きれないとか、時間を守れないとか、そういううっかりミスも減るし、人生を楽しく生きるのにまず必要なことだ、と。

 

言っていることは多分正しい。母は正論のひとだ。みんな感心する。ママ友も、学校の先生も、母のそういう精神はすごいよね、どうりで娘さんたちはみんなしっかりしてるよね。そういう風に母を褒めるし、実際母はすごいと思う。

 

でも長すぎるお説教の時間とか、とにかく強すぎる正論で話されると、気働きをするというよりも、母に怒られるのが怖いし面倒だから、という理由で行動するようになる。妹も今そんな状態だ。もちろん母のことが好きだから母を手伝ってやりたいという気持ちはある。

 

そのうち愛情ゆえにここまで自分に説教をしてくれているのに、自分はどうして何も変わらないんだろう、どうして母の説教をめんどくさいと思ってしまうんだろうとか思い始めて、自己嫌悪に陥る。

 

自分をどんどん嫌いになって、それでも母に嫌われたくないから、常に顔色を伺いながら「気働き」をする。顔色を伺って行動することは気働きではないと母に叱られる。その繰り返し。なんかだんだん自分の中で整理がついてきて、母にある問題の正体が少しづつ分かってきた気がする。

 

「私が病気で死んだ時に姉として妹の面倒を見る気はないのですか?」とかね、呪縛でしかない。

 

お母さんが病気で死んだらものすごく悲しいに決まってるじゃん。妹だってそのとき成人してなかったらなんとかしようとすると思うよ。

 

なんでそんなこと言うんだろう。私は家族みんなのこと好きだったよ、22年間お父さんが変わったり何回も引っ越したり、いろいろあったけどみんなのことはちゃんと好きだったはずなんだよ。

 

もう過去のことでなにが最善の策だったかとか考えないよ。今できることをするしかいつだって方法はない。

 

私が家出もして同時に仕事をやめちゃったのは正直双極性障害のもつ衝動性が手伝ってるとは思うし、同時に私の世間さまへの甘えでもあると思うけど、いろんなことが限界だったんだ。

 

今でも限界だよ。

頭痛

ツイッターでひたすら自分なりの漫画論について語っていて思ったんだけど自分が熱くなれるものなんてこれしかないんだよね。早くまともに絵を継続的に描けるくらいの精神状態にもっていきたいな。

 

こういう前向きな気持ちになれたことが久しぶりで嬉しい。でも今日は辛くてずっと寝てた。

 

土曜日は友人Hが遊びに来てくれて、近所にある動物園に行った後、自宅で映画を前後編一気見、パスタ食べてH帰宅、というまっとうな1日を過ごしたのだけど日、月としんどくなってしまった。人と会った後、外に出かけた次の日がつらい。

 

まあ全く外に出る気さえおきなかった時期に比べれば全然ましなんだけど。

 

今日、久しぶりに高校の頃の友達から連絡が来て「体調大丈夫?」みたいな心配の仕方だったのでなんだこいつ?と思って聞いてみたら、なんとその子も双極性障害で通院中だということで、びっくり。

 

急遽明日、彼女とお茶?お昼?をする予定となった。同い年でもともとの友人で双極性障害や鬱を患っている人が少ない(しらないだけかも)ので、味方が増えたようで嬉しい。同じ病気のあるあるネタで盛り上がれたらな〜なんて。いやまあ病気はネタじゃないですけど。当人がネタにしてかないとやってけないよね、うん

 

今週末はついに親と会わなければならないし、Aの会社が繁忙期だから帰宅時間が遅くて心配。Aも週末私の親と会うまでに体力残ってるのかなあ。

 

あー、Aと結婚してしまったら、Aと離婚するか死別するかしか別れる選択肢がないじゃないか。かなしい〜〜〜。(だれでもそうか)

広告を非表示にする

生保レディさんと会った

人からきたメールをこういったところに晒すのってやっぱり酷い行為なのかもしれない。ということをほんとにぼんや〜り思う。

 

別に晒したからって「ねえこれひどくない?」というわけでも「読んで読んで!」というのとも少し違う感覚なんだけど、やってることはそれと同じだからこれを読んでうわあ、こりゃプレッシャー感じるわ・・と思ってほしいのかもしれない。

 

なんか文章を読んでてもぼーっとする。長い文章だなあ、ああやっぱりね、と予測できることしか並んでいないメール。頭をがつんと殴られるような衝撃があるわけでも、見ているだけで涙腺が緩むようなメールでもない、私にとっては。説教を聞いている間と同じだ。時間がただ止まっているだけ。たまにひどい悲しいことを言われて泣いてしまうだけ。

 

だから人が見た時にどう思うんだろうなあこれは、と常に思っていて、親しい友人とかAとか、そういうところで母からや叔母からのメールを見せている。どうなんだろうね、これって。私のことを心配して愛してくれていることは間違いないのだろうけど、そのやり方ではもう無理なんだよな、きっと。

 

 

今日は、私が生命保険を契約している生保レディさん(この言い方であってんのか?古そう)と会った。

 

この生保レディさんは私の中学校時代の同級生のお母様である。私の母とはそこそこ長い付き合いのママ友だ。ママ友と言っても、ただ立ち話をするだけの関係ではなくて、家族の入っている生命保険の担当もしてもらっているし、母が乳癌で入院したときはしょっちゅうお見舞いに来てくれたりと、家族ぐるみで付き合いがある。むしろ私の同級生である娘さんよりもずっと、今ではそのお母さんのほうによく会っているくらいだ。

 

保険の契約のことで話があるとメールが来たのが二日前で、あまりにタイムリーなので少し身構えたというか、母がついてくるのかもしれない、母から何か言付かっているのかもしれない、と思ったのだが杞憂だった。

 

生保レディさんは私が今双極性障害であることも知らなかったし、結婚しようとしていることも知らなかった。単純に契約内容について、私の直筆サインが必要なものがあったので貰いに来ただけ。

 

もちろん母と付き合いがあるので、私が実家を家出のように出て行ったことは生保レディさんも知っている。そのあと母が相当落ち込んでいる姿も見て知っているようだった。「Kちゃんのお母さんはけっこう強い人だってずっと思ってたんだけど、Kちゃんが出てってから信じられないくらい弱ってたよ、『Kが…Kが…』ってもうヨボヨボな感じだった」

 

そう聞いて痛む胸が完全にないわけでもない。まあ、生保レディさんも私も笑い話として軽い感じで流したけど。というか、笑い話として流してくれる人で本当に良かった。もしここで「お母さんにそんな酷いことしちゃダメだよ、帰ってあげなよ」とか言われていたら、私の今日の精神状態はもっと良くなかっただろうと思う。

 

私は生保レディさんに自分の持病のこと、現在結婚を考えていることなどを素直に話した。もし障害者手帳をもらうほどに心の病気が悪化すればばれてしまうことだし、入院しないとも限らない。結婚すれば名義も保険金の受取人も変わる。正直に話したほうが都合が良い。

 

精神的な病気に一度なってしまうと、解約してまた保険に入ろうとしてもとても難しい、ということを言われた。こういうことになる前に家族ぐるみの付き合いがある人のところで保険に入っていてよかったなと思った。少なくとももし入院したときや何かあったときに、Aや家族にお金を残せることはありがたいことだった。毎月の医療費はほんとにバカにならないからなあ。躁鬱の病院は今度1割負担にしてもらう予定だけどね。

 

生保レディさんは私のことを責めたり激励したりしなかった。無理ができないから、今は働けないでしょう?と聞かれて、たまにバイトしていること、家の中でパソコンでできる仕事も少しやっていると答えても、「じゃあいつか正社員を目指していこうね」とかそんなことは言わなかった。

 

私と同じ病気で、正社員に憧れがある人や正社員として無理して働いている人がたくさんいるのは知っているし、本当は私もそういうところを目指して自立せねばいけないのかもしれないが(母も非常に正社員かどうかにこだわっている、私が自分の力で食べていくことにこだわりがある)私は今の段階では、自立に憧れはあるものの正社員として働いていくことは難しいと思っている。

 

だから生保レディさんにそういったことを言われなかったのは本当に嬉しかったし、素直に本音で話すことができた。そこを負い目に思わなくてもいい、自分の親世代の人もなかにはいるんだなあとほっとした。働いていないことに罪悪感があるからだ。

 

病気だとわかる前まではAもよく私を責めた。何回も新しいバイト先を転々とするたびにAは私にがっかりしたし、私を罵った。私自身も、どうして私はここまで普通の人が頑張れていることが頑張れないのかまったくわからなくて自分を責めた。自分が躁鬱だと思わなかったから。

 

家出してから何ヶ月かは、家出しなければ良かったと思うくらいそのことがストレスだったと思う。私はなんのために家を出て逃げ出したんだろう、そういうことばっかり考えていた。同棲を始めて1年半ほど経つが、私もAも病気のことを少しずつ理解していくことができたので、今は生活がしやすい。

 

生保レディさんは、「お母さんはKちゃんのことが心配なんだよね、だから会って笑顔を見せて大丈夫だよって言ってあげれば、きっとうまくいくと思うよ」と言ってくれた。

 

「親は子供を本当に一生懸命育てるけど、親が思った通りに育つわけじゃないんだよね、で思った通りに育たないと、今までの自分のやり方を否定されたように感じちゃう。でも親もその親に育てられて、その親もその親に育てられて…って、そうやって繰り返してるけど、絶対に間違いがないわけじゃないんだよ。もちろんお母さんのやり方も間違ってないし、それが苦しくなったKちゃんも間違ってないよ」

 

涙が出そうだったけど我慢した。生保レディさんは、母が妹たちよりも私1人に対して真剣に子育てしていたことにも気がついていて、私が一生懸命あんなことがあった、こんなことがあったと説明する必要はなかった。

 

生保レディさんは当然だが私の実家の近くに住んでいるから、はるばるご足労いただいてしまったんだけど、それが彼女の仕事なのもあってこっちから出向くというのも変だし、遠くに住んでしまってごめんなさいという気持ちだ。

 

また私が結婚したら、保険の名義を変更しにやってきてくれるという。そのときはAにも会わせたいな。

 

↓ちょっと名前のところ消しすぎでよくわからんことになってるけど

1番辛いのはうちのお母さんで、その次は私の叔父さんの話になってます。

話し合い

二週間後の日曜日にAと2人で実家に挨拶にいくことになった。

 

母が昨日、Aの電話に直接電話をしてきた。私はたまたまそのとき動物園でプレーリードッグを見ていたから、Aが電話する姿とプレーリードッグを交互に見た。すぐに母からの電話だとわかり、気持ち悪くなったのでワイパックスを飲んでベンチに座った。

 

電話の内容は、まず私の病気の状態がどんななのかという話と、結婚の話があまりに急だったのでどういう経緯でそうなったのか話をしたいということだった。私も行くことにしたけど、Aは「前日にKちゃんが不安で体調を崩す気がするから、そしたら連れて行かない」とのことだった。

 

私が病気になる前、母は電話したりするたびに「結婚したいならすればいい」ということをよく言っていた。急というが、急というほどのこともない。だって同棲を始めて1年半も経っている。「同棲すると結婚のタイミング逃すからそこはよく話し合いなさいね」とかも言っていたと思う。まあ私が病気だってわかったから反対するのも当然か。

 

そのあとKの大学時代の友人の男性と三人でお酒を飲んだ。まあ普通だった。Aは久しぶりに自分の友達と話せて楽しそうにしていたし、私も何回かあったことのある人だったからまあまあ話せた。

 

今日起きたら叔母からメールが届いていて、「お母さんから色々と聞きました、Kちゃんが心配です。今夜電話してもいいですか?」という内容だった。

 

叔母のことは、小さい頃からよくしてもらっているし好きは好きだけど、この間の母の入院の一件で「Kのことが好きなのは私の妹であるあなたのお母さんが可愛いからで、もちろんKのことは好きだけどあなたのお母さんが1番可愛い」という話をされているから、多分今回もそんな話なんだろうなあと思っている。

 

私は長女なので妹に相談するようなことは何もないし、これから妹が成人したりしてしっかりすればあるのかもしれないけど、想像がつかない。

 

正直、私に相談できないことは叔母に相談して、叔母にも相談できないことは私に相談して、ということができる母が羨ましいというか。「羨ましい」とも少し違う感情なんだけど、これ以外に近い言葉も見当たらない。

 

まあそれでも、叔母に相談しても私に相談しても抱えきれないようなことが母には次々起こっていたんだとは思う。それを支えてくれるはずの夫も頼りなかったんだし。だからといって毎回「まだKには話していないことがある、話せなかったことがある」なんて言われてもそれは誰でもそうじゃない?とも思うし。もうなんかどーでもいーや。

 

私がこういう形で自分の家族を傷つけたことに対する罰を、私はもう十分に受けたと思う、家族から色々言われることと、それ以上に自分を責めてきたことと。それでも離れないわけにはいかなかった。離れてからの暮らしは、自分で家事を済ませたり食べ物をちゃんと自分の意思で食べたりしなきゃいけなかったけど、それでも苦しくなかった。

 

叔母から電話かかってくるのかメールが来るのかわからないけど、すでにうんざりしてる。家族を説得するだけの力がないなら結婚すべきではないんでしょうか。

 

母方の実家の人間の考え方は苦手だ。息苦しい。話し合ったってわかりあえないことの方が多いのに、長々とわからせようとしてくる。そこがわかったからって生きやすくなるわけでもないのに。

 

人は自分の力で成長していくしかない。考え方もそう。その時わからないなら見守るべきだと思う。私は何も育てていないけど、妹のオムツ変えをしミルクをやる生活は子供ながらそこそこやった方だと思うし、友人と話していてもそう思う。自分が違うと思っても、足りないと思っても、正す必要はない。本人が足りない、違ったと感じた時に直していけばいい、そのときにヒントを与えてくれればいい。私の傲慢かもしれない。でもそう思う。

 

広告を非表示にする

死と隣り合わせ

一昨日から生理なので体調が悪くて常に眠たい。普段からピルを服用してそろそろ1年くらいになるが、痛みはまだ少しある。子宮の内膜は小さくなっていないのかなー。

 

生理は規則正しければ1ヶ月に1度必ず来るものだ。でも何日に来るかわからなかったり遅れたりすることもあって、そろそろ生理が来るかな、と待っていたら一週間以上来なくて慌てることも多々ある。不順の人で3ヶ月待っても来ない(セックスもしてないので妊娠ではなく)というような人も居たりする。その人は婦人科でホルモン注射打ってたなあ。

 

ピルを飲むと、所定の休薬日に血が出るようにできているので、いつ生理になるかの予定がはっきりしていてとても便利。しかも薬を飲み続けて休薬日をずらせば一緒に生理日もずらすことができるので、旅行とか外せない絶対の用事とかにも対応しやすい。待っているストレスもないしね。

 

もちろん生理痛も楽になる。私はピルを飲まないと生理のとき脂汗が止まらなくなり、腰から下の寒気でガクガク震え、立ち上がるのも辛く、内臓にバキバキとした痛みが走る。使っていくうちにだんだん経血の量も減っていくらしい。たしかに減っているような感じはしないでもない。

 

生理前のイライラとか胸が張るとかの、PMSにも効果があるらしい。生理前はやっぱり少しお腹が膨らむしぼーっとしたりするし、そこはあんまり効いているのかどうか実感が薄いかな。

 

まだそういうことを誰かに直接言われたことはないけど、男性の人で「ピル飲んでるってことは中出しし放題なんでしょ、ビッチだね」みたいなことを連想してしまう人もいるらしい。まあまだ会ったことないからいいんだけど。

 

同年代の友達で、生理痛が重いのに私がピルの話をしても実際に飲もうとする子は少ないように思う。まあ鎮痛剤で済むならそれでいいんだけどね、血栓症のリスクも完全にないわけじゃないし。

 

自分の排卵期や生理周期を知らない子も多くいる。前にいつ生理が来たか記録していない子もいる。そのくらい、同じ女でも生理が重いかどうかで関心の比重が違うのはちょっとやばいよなあとも思う。とくに今は、スマホアプリにいつ生理が来たかを記録すればそれだけで勝手に周期も排卵期も計算してくれちゃうから、やっぱりやっといたほうがいいんじゃないかなあ。たとえ恋人がいなくて妊娠する可能性がゼロだったとしてもね。

 

でも友人にそこまで言うとさすがに説教くさいというかお母さんみたいになるので、ピルいいよ!くらいに留めているけど。なんでもやってみないとわからないことはあるもんね。

 

この歳で病院に通いすぎではと思うんだけど、結局誰でもいずれはどこかしらが悪くなって病院と関わることを考えれば、早いうちに経験しておくことも悪くはないかも。健康な方がそりゃいいけど、健康のありがたみとか若いうちに知っておけたな、と思う。

 

希死念慮とは違うけど最近は自分がどういう死に方をするのかよく考える。メメントモリ?次の瞬間に脳みその血管が詰まってしまうことだって完全にないわけじゃない。ビルから鉄骨が降ってくることだってないわけじゃない。通り魔に刺されて死ぬかもしれない。

 

2016年は本当に毎日ずっと死にたくて、でもその真っ只中にいた時は不思議と、自分が死と隣り合わせで生きているという感覚ではなかった。死は実行して叶う救いのひとつのような気がしていた。

 

今年に入ってからはあまり死にたいと思うことはなくなったけど、2016年の私が死と隣り合わせだったこと、今の自分もそう変わらず何が起きるかわからない、隣り合わせ感を味わっているというか、うまく説明できないけどそういうふうに死への距離感が変わった。

 

いいことか悪いことかで言うといいことだと思った。死を救いにして生きるのを我慢しているのはつらいことだから。今でもどうしようもなく生きるのが辛い日はあるけれど、死を救いとしては捉えていない。あんまり怖いとか脅威であるとかもないんだけど。でもいつでも隣にいる、本当に起こりうる出来事として捉えてる。

 

パートナーが死んでしまったひとのブログとかもいくつか読んで、私はAを失うことが怖いなと思った。去年は、Aの友人も恋人の後を追って死んでしまった。その絶望は計り知れない。私も思うだろう、今死ねばAに会える、と。

 

Aに健康でいてもらうためにこれからもお弁当作りを頑張ろうと思う。

広告を非表示にする