定まらない日記

主婦。アダルトチルドレン、双極性障害。

無限に寝てしまう

なんの予定もない日は無限に寝てしまう。予定がないことが辛くて。

 

本当はもう仕事も決まったことだし、自宅で少しずつでも準備したり色々するべきって頭ではわかってるんだけど、私のギリギリ癖は今に始まったことでもなく…。

 

どれくらい無限に寝るかというと、明け方の4時くらいに眠って、その日の18時に起きる、ご飯食べて、また明け方の4時くらいに眠って…を繰り返す。

 

貧乏だから、こういう日があるとお金を全く使わないのでいいところもあるっちゃある。あと出かけた次の日とかは疲れ切ってて、それで爆睡してしまう。起き上がろうという意識がない。お腹が空いても、トイレに行きたくなっても、眠り続ける方を選ぶ。

 

脳みそにあんまりよくないことも分かっちゃいるんだけど。あー。なんかすごい時間眠り続けると、脳みそが膨らんで血液がドクドク流れ込んでる感じがする。年取ったら眠れなくなるらしいけども、予定のない日に眠れないの困るな…。いや、仕事。仕事しなくちゃ。

 

今日の場合、昨日はAとウエディングフォトを撮りに行ったので、その反動でむちゃくちゃ眠った。Aがお弁当買ってきてくれて、あとお皿洗いもしておいてくれた。

 

そういや全然関係ないけど、昨日お隣さんが引っ越してきた。まだ私は挨拶してないけど。昼間ストレス発散にでかい声で歌ったりしてるけど、もうそれもできないかもなあ。

 

そういやAがついに転職活動を開始した。今まで絶対タクシー運転手になると言っていたのに、急に方向転換して、現職の経験を生かした職場探し。私もそのほうがいいと思ってる。

 

最近は、私は相変わらずダメだけどいいことが割と起こってる気がする。でも人生いいこともあれば悪いこともあるからなー。下りが怖い。上り坂、下り坂、まさか。

広告を非表示にする

寒気がとれない

うーん…今日はAとウエディングフォトを撮りに行く日なのだけど、微妙に体調が悪い…。

 

最終手段として延期はできるんだけど…今日は寒くて5時間で起きちゃった。湯たんぽも使って寝たのにー。

 

 

広告を非表示にする

このブログも開設して1年だそうで

なんかはてなブログから1周年メールが届いて、そっかって。

 

誰でも1年間生きてりゃそうだけど、色々あったな。

 

・自分がアダルトチルドレンだということに気づく

・古着屋でバイトするも体調をすぐ崩すので5日で辞める

・なんかおかしいと思い始め、精神科に行く

アダルトチルドレンではあるけど「双極性障害」だと思うよ、と言われる

双極性障害の治療開始。薬が合わず、睡眠薬は効いてるのに眠れなかったりしたのがなかなか辛かった。眠いのに吐き気で眠れない日々。薬があうかどうかは試してみないとわからない。

・自分が病気だということを受け入れることにそもそも時間がかかった。

・Aからのプロポーズ。こんな状態の私と結婚しても幸せにはなれないと何度も断る。

・「結婚は幸せになるためにするものじゃない、家族になるためにするもの。大丈夫、そこそこなら幸せになれるよ」とA。根負けして、結婚することに。

・A、私とのケンカで壁に大穴を開ける。

・実家の母との大げんかの末、ひとまず仲直り?する。

・母の乳がんの手術に終わりの目処が立つ。

・病気が発覚する前に連絡を取っていた編集さんに連絡を取る。

・今、連載に向けて打ち合わせ中。

 

こんな感じかな。今も薬自体は探り探り。結婚したけど、多分そこそこ幸せにはなれたと思う。そこそこ不幸ではあるが。

 

愛があればなんでも乗り越えられるとは思わない。というか、思わないほうがいいと思う。もちろんAもそうは思っていないと思う。今本当に貧乏だから、健康保険料やら年金なんかの心配をしなくて済む方法が結婚だったというだけで、勢い。

 

結婚はまじで勢い。してみてもこんなもんかという感じっていうのは本当にそうだと思う。母が三回結婚しているので、なんだろう、私は結婚したいとは1ミリも思ったことないけど、なぜだか自分が結婚を一生しないだろうと思ったこともなくて。説明しづらい。自慢ではなく、漠然とそう思ってた。あと多分離婚も一度は経験するんだろうなと思ってる。

 

私の病気は子供に遺伝する確率がそこそこ高いし、今飲んでいる薬は奇形児が生まれてしまう可能性が増す薬で。Aに子供を約束できないし、私は子供が欲しいと思えなくて。そのことでそこそこ悩んだ1年だったなとも思う。

 

この1年はそんな感じ。振り返るタイミングが微妙だけども。

すれ違う人々

またも眠れないのでブログを書く。

 

一期一会なんて言葉があるけど、本当にもう会わない人たちでいっぱいだなーと思う。

 

そもそも新しく人に出会うことのない生活をしているから、古い記憶しか手元にない。頻繁に、急に昔の思い出を思い出す。そんな時間がたっぷりある。本当に急に。何かの匂いか、感触とかで思い出すのとは全く別に。多分暇すぎるからだと思う。でもどうだろう。仕事をしていたときも、集中しながらも少し別のことを考えていたように思う。

 

私に会っていないところでもその人たちの生活は続いている。24歳だ、ひょっとしたら死んでいる人がいるかもしれない。若くても死んでしまうことはいっぱいある。だとしても、関係がなさすぎてそのことを私は知る由もないだろう。

 

小学生のころの同級生が1人、私が高校のときに亡くなった話は母から聞いたことがある。人生これからという息子を失う悲しみなんて、想像しても及ばないだろう。

 

私は、つい最近までけっこう死の淵にいたと思う。それは自分で自分の命を絶ってしまうという意味で。最近は薬が効いてるからあんまりないね、希死念慮希死念慮があったころのほうが死にたい死にたいばっかり思って、1日が飛ぶように過ぎてそこらへんは今より楽だったかな。

 

生きづらいのはきっとみんな一緒だと思う。精神を病む人だって私だけじゃない。本当に命を絶ってしまう人だって少なくない。

 

私の人生は私が死ぬまで続いていく。当たり前だけど当たり前じゃないことがたくさんあることが分かった。眠くなってきたかも。

広告を非表示にする

生理前のやる気の無さがすごい

なんなんでしょうね生理って。というか生理が来る者全て(めっちゃ軽い人除く)社会生活営むの難しくないか。

 

私は重めなのでピルを飲んでいるけど、それでも痛みが緩和されてるなーくらい。バファリン2錠飲めば「体はだるいけどまあ生活はできるかな」くらいの感じ。ピルを飲んでてもこれ。

 

今も生理前1週間くらいで、なんとなーくだるい。そして考え方が暗くなる。ホルモンに影響される脳みそ、本当にどうにかしてほしい。一生に分泌される女性ホルモンの量ってティースプーン一杯くらいらしいけど、そんなもんに左右される体、意味わからん。

 

仕事がしたくなくて、というか1人で家にいるのを味わいたくなくて、このブログを更新するわけだけど、更新してしまえばあとは同じ。昨日まで三連休でAが家にいたから、なおさら「咳をしてもひとり」。

 

咳をしてもひとりはおそらく、一人暮らしなうえ長いこと孤独だわー案件だから関係ないかと思いつつ。

 

土曜日に1人でアマゾンプライムでホラー映画みたらめっちゃ面白かったけどね。Aが酔いつぶれて寝てたから見たんだけど。完全に1人の時に映画見るのもなんかなあ。

 

あーーーー仕事がしたくない!!!

 

家計の管理

私は主婦で稼ぎがない。夫のAから毎月50000円受け取っている。どうしてもきつい月は55000円。あれ?これどこかで書いたっけ。

 

私は過去に作った借金の返済を月に5000円している。それとは別にクレカの支払いが5000円。健康保険でさらに5000円。月々の医療費で5000円。だから残りの30000円が、私の生活費で、食費で、Aのために作る食事とお弁当代金。

 

カッツカツだ。奨学金の返済もできないので今は待ってもらっている。

 

たった1日のアルバイトが、自分に合っていなかったら私は1週間から1ヶ月は引きずると思う。心の疲れ、体の疲れ。外に出ることがリスクの一つ。

 

もう少し節約術を学ばねばなと思っている。Aにクレカをとられたのも仕方のないこと。(じつはあれから番号のわかるショッピングサイトで一個買い物しちゃったけど)

 

娯楽はツタヤ。アマゾンプライムビデオ。図書館。散歩。もうこの生活を続けて1年以上が経つ。もちろん最初のうちは病気がひどすぎて、何もしたくなかったし、スマホを触っているだけで1日が飛ぶように過ぎた。

 

でも今は違う。病気を薬でコントロールできつつある今、毎日が暇で、もっと眠れるなら眠っていたいと思うような日もある。

 

これから仕事をするようになったらそんなことも言ってられなくなるんだけどね。

広告を非表示にする

満たされない

タイトルの通り。

 

自分自身が充実していないので、それに足りないものは何なのか、仕事なのか子供なのか、わからないけど。今手元には何にもないから。

 

いや、何も無いと言うのとは違うのか。夫がいる。実家に帰れば問題はあれど家族がいる。双極性障害もだんだんと薬が効いてきて自分で感情をコントロールできるようになりつつある。

 

情熱を傾けられる何かが欲しくて、でもそれが何かわからない。これは病気になる前から、高校生くらいからずっとそう思っていたことで、自分のことが嫌いで自信が無いからそういうふうに思うんだと私は当時考えていた。けれど、どうなんだろう。

 

きっと私だけじゃない。誰かのことを羨んだり、友達がSNSで会う約束を取り付けているのを見て疎外感を味わったり、でもそんなのって本当は違うんだ。

 

私はもうずっと長いこと、自分の人生が楽しくない。どうすれば楽しくなれるのか少しもわからない。怖くて一歩も踏み出せない。

 

そんな私が今度WEBで連載を持つことになって、おめでとうと言われても、めでたいのかどうなのか、頑張れるのか、自分を信じられない。今までと同じように、逃げてきた自分が顔を覗かせる。こわい。

 

いろんなバイトをした。でもどの環境にもなじめず、そこにいる人間たちが怖くて仕方なかった。私はその場所で1番都合のいい仮面をかぶって笑っているだけで。

 

連載をすれば、仮面をかぶる必要はない。一緒に働く人なんていない。いきなりの独り立ち。こんなに満たされていない、幸せを感じることのできない人間が、いいんですかねえ。周りの人も迷いながら戦ってるんだよ、ガンバ!って??うるせえよ。

 

やると言ってしまった。やるしかないんだ。他人はどうせ私のことなんか誰も見てないよ。大コケしようが何も問題はない。恥をかくのがこわいのだろうか。それもある。

 

でもとにかく、道を歩いていてもどこにいても何をしてても「満たされない」ということがはるかに大きい。

 

中学生の時、狂ったようにノートに絵を書き付けていたあの頃はこんな感情は持たなかった。漫画にどっぷり浸かって、漫画を描くことで知らない人ともコミュニケーションが取れた。

 

そうなのかな。私に不足しているのは人間とのコミュニケーションなのかもしれない。でも知らない人と仮面をかぶりながら喋ることは楽しくても、双極性障害に良くないのである。次の日か当日か、絶対体調を悪くするから。

 

本音で、そのままの自分で語り合える友人だって数人はいる。

 

満たされない。原因がわからない。いや、心当たりがありすぎる。からっぽだ。からっぽだ。昔っからずっと思ってた。からっぽだ。

 

本を読んでも、漫画を読んでも映画を見ても、興奮は一度きりか、まるでなしか。最近はまるで無しの方が増えてきた。きっとこれからもっと増えるだろう。

 

情熱を傾けて勉強できる何かが欲しい。誰かと一緒にいたい。

広告を非表示にする