躁鬱主婦日記

アダルトチルドレン、双極性障害。漫画家になった。

お義母さんのお気遣いがすごすぎる

今週、私の叔母の義母、つまり姑さんにあたる人が亡くなった。

 

Aと私もお通夜に参列することになったんだけれども、私には喪服がなかった。なのでお義母さんに借りようと連絡したところ、なんと喪服とコートを買ってくれた。しかも私の住んでいる家のそばまでわざわざやってきて。3万近くもする買い物なのに……。

 

それが昨日の話で、今日はお義母さんから礼装用のカバンとお数珠を借りる約束だったのだけど(これもまたうちの家まで来てくれた)プラス、真珠のネックレスも貸してくれて、「おまけ」と言って渡された袋には大量のお菓子と、礼装用のストッキングと、貼るカイロ(足用と体用)が入っていた。まさに気遣いの匠!!気遣いの鬼!!!!

 

そもそも、前々からお義母さんが私に「Kちゃんは礼装持ってるの?無いなら買ってあげるよ」と言ってくれていて、たまたま今回私の親戚が亡くなったから駆けつけてきてくれたのだけど、本当尊敬する。用を済ませたら即、颯爽と帰っていくお義母さん。お茶したり、家庭のことを訊ねたりもしない。なんたるクールさ。

 

比べていいことじゃないかもしれないけど、うちの母は喪服があるのか心配すらしませんでしたよ。まあいいけどね、自分のことでいっぱいいっぱいだろうし。責められることでは無い。しかしお義母さんかっこよすぎる。

 

世間ではよく嫁姑戦争が話題にあがったりするけど、そういうの、絶対ならない気がする。少なくとも、私とAが仲良く過ごしていて、Aが健康そうなら。憧れるなあ。私もお義母さんのような人になりたいです。

嘲笑するタイプの笑い

ちょうど今見てるテレビでいい例があったから言いたい。

 

食レポ番組で、1日○食しか提供してない店に弾丸で向かい、お店についてから「まだ余ってますか?」と聞く番組の話なんだけど。(まあヤラセで残ってるかもしれないけど)

 

店員さんが「残ってま…………す!!」というのがセオリーで、そういう言い方をしたほうが盛り上がるのは確かなんだけども、今見てるお店の人は「二食残ってます」と即言っちゃった。

 

でもって、司会者とかゲストが「すぐ言うパターンねww」というコメントを口々にしてたわけなんだけど、よく考えたら聞かれたら即答える方が客としても店としてもありがたいのだから、テレビ向けコメントを考えておく必要はないんじゃなかろうかと。もう一回店の人に「残ってま…………す!!」と言わせて、編集でなんとかすりゃいいじゃん、と思う。まあ即言った方が画面的においしかったのかもしれない。

 

そういうときの居住まいの悪さったらないよなあと思う。相手がなんかギャグ言って、それがこっちに通じなかったときの「通じなかったwww」と周りの人と笑い合うとか、「あ、通じなかったかー」とかでいいじゃない?

 

あと質問の回答をこっちで考えている途中に会話が進んでしまって、ワンテンポ遅れた状態で「さっきの話なんですけど…」と切り出した時の「遅れてるw」みたいなのとか。なんだろう、嘲笑して笑いをとるタイプの笑いっていうのかな。

 

もちろんこっちがコミュ障なのはわかってるんだよ。でもなんかこっちの小さな努力を無下にしないでほしいっていうか…わがままなのかな。単純にそういう人と気が合わないってことなんだろうね。

 

でもその場でそういうことのモヤッとした感じって相手には絶対伝えられないじゃん。で、あとあとになって思い出して自分性格悪いなあと思いながらも、そのときの展開の居住まいの悪さを思い出してしまう。

 

私の場合、それが何年もあとにぶり返したりするからそれはそれでタチが悪い。そうやって思い返しているうちに、どんどん人間のことが怖くなる、喋るのが怖くなる。でも話していてそういう感じの悪さがない人もいっぱいいるわけだから、そういう人と付き合っていけばいいだけの話なんだよな、きっと。

 

 

 

 

SNSに距離をおく

今日も出かけて友達とご飯食べた。楽しかったけど疲れたなあ。でも肉体的な疲れは心地いいし、精神的な疲れはあるけど眠れば回復するだろうなという感じ。

 

前ほどは自分の発言にビクビクしなくなったかな。あとあと「ああ言えばよかった」みたいな後悔も、あるっちゃあるけど昔ほどではない。まあいい変化だと思う。

 

ちょっとしばらくはSNSと距離を置こうと決意。SNSで透けてくる人間関係を見ているのがとても辛かったり、振り回される。それこそ現実で会うよりもずっと左右されている。別に私1人SNSから消えたって、何がどうなるわけでもない。わかっているんだけど。手軽につながっていられる安心感でついSNSを見てしまう。

 

自分で作ったフィルターだけで情報を集めた気になってしまうのも結構危険だと思う。まあ好きなものだけ並べてある空間も必要だとも思うけどね。

 

当分は自分のツイートも抑えめに、人のものにはあまり反応しないスタンスでいこうかな。なんかな、人のに反応しないと自分に反応してもらえないんじゃないかって不安も結構合ったりして。くだらないよね。そんなことで自分の価値が決まったり、評価につながるわけじゃないのに。というか評価されたいと思いながら使うSNSは不毛だ。このブログみたいに、自分の思ったことを好きに呟けばそれでいいはずなのに…。

広告を非表示にする

今週の話

今週はめずらしくたくさんの人と交流した日だった。

 

担当さんもそうだし、友達と遊びに行ったり、なぜかラインが普段来ないのに4人くらいから来るといった感じ。普通の人はもっとたくさんの人と普段から交流があるだろうけどね…。今日はあまり外に出たりすると躁転すると

 

昨日は

嫌われ松子の一生

・裸女と殺人迷路

を観て、打ち合わせに行った。嫌われ松子は観るの久々でもう4回目くらいだけど、それでも面白かった。中島哲也監督の作品は大体好き。裸女と殺人迷路は、昭和59年の作品で、仕事の資料として観たけど、資料としては非常にいい感じだった。ストーリーは泥臭いわりに意外とキレイに勧善懲悪だった。

 

 

エビリファイの副作用が出て首のあたりがおかしくなったり気になったりすることが多々あったけど、それ以外はちゃんと自分がやることに興味持ててたし、比較的穏やかに過ごせた。副作用さえなければエビリファイは体に合ってるっぽいんだけどなあ。

 

ずっと趣味とか人とかに興味持てない状態が続いてて、そんな自分をダメだって思って、何かに興味持たないとって必死に思ってたけど、まさか病気の可能性があったなんて夢にも思わないね。

 

今はやっぱり人からの評価が気になるけど、それでも心身穏やかな気がする。双極性障害になってから今が1番穏やか。でも数週間前まですっかり寝込んでたからあまり楽観視はできない…。しかし、このブログに書くことも比較的穏やかになってきた。

 

それにしても、話は変わるけどツイッターを知り合いにリムられるのは大分くるものがあるね。

広告を非表示にする

「いつか許せるよ」はなんの救いでもない

タイトル通り。

 

今まで何人もの人に自分の苦しみを愚痴ったりした。「いつか許せるようになる」といった言葉は心理だ。「いつかどうでもよくなる」という意味を含んでいるのは承知の上。でも、なんで今それ言うの?と思う。

 

「いつか許せる」ことが救いになる場合とならない場合がある。許せる場合っていうのは、相手のことが好きなのに憎しみを覚えてしまうことに自己嫌悪している場合とか。本当に弱りきっていると、自分の存在自体が許せなく、相手を嫌う自分が嫌いみたいな堂々巡りに陥る。

 

でも今の私に必要な言葉はそうじゃない。一年かけて、ゆっくりと私は自尊心を取り戻してきたと思う。病気になったことも最初は受け入れ難かったけど、今は受け入れている。たびたび昔のことを思い出し、怒りが湧いてくることもまだまだあるけど。

 

「そういうことがあるんだよね」と言ったときに、私の中のもう1人の私でも、知り合いでも、たまに「いつか許せるよ」と言う人がいる。

 

なんの救いでもない。

 

私が仮に母や叔母を許さなければ、何か不都合なことでもあるのか?私の人生に不都合があったとしても、それは私の怒りのためだから仕方ない。許せないことを人は悪いことのように言うけれど、別に特段悪いことではない。

 

許すというより、どうでもよくなることが近いというのはわかる。今までもそうやって少しずつどうでもよくなってきたことはある。

 

私が叔母にいわれたこと、母にずっとずっと叱られてきたこと、忘れられない。どうでもいいとは思えない。いつかどうでもよくなったとしても、今欲しい言葉は「許さなくていい」って言葉なのは間違いない。

 

今週は過密スケジュール

月曜日は、日曜でかけたせいか12時間くらい眠っちゃったんだけど、今日は逆に元気。深夜1時から今までずっと起き続けている。

 

今日は映画2本観て、漫画1冊読んだ。洗濯物、自炊、買い物、掃除機をかけるなどして、自立支援の更新に行ってきた。区役所は隣駅にあるので、少しお出かけになる。

 

今週はスケジュールがなぜか集まってしまって、私にしてはかなり過密だ。今日は自立支援の更新、明日は友人と遊ぶ、明後日は仕事の打ち合わせ。土曜日は友人と飲みに出かける。これじゃ一般人ではないか。いや、精神障がいがあっても一般人だけどもね。

 

 

最近は暇な時間にずっとアマゾンプライムで映画を観てる。12月入ってから7本観てるかな?結構観た。

 

・劇場版サウスパーク

・バトルロワイヤル

・SAW II

永い言い訳

ティファニーで朝食を

・ジンジャーの朝

クレヨンしんちゃん(オトナ帝国)

 

って言っても、アニメ映画が2本入ってるから時間的にはそんなに観てないね。1番面白かったのはバトルロワイヤルかな。原作の小説は読んだことないけど、漫画版は全巻読んでて、けっこうお気に入りのストーリー。

 

映画版では2時間の尺でおさめなくちゃいけないからどんどんハイペースで子供達が死んでくのが痛快。その分キャラクターの掘り下げは微妙かもしんないけど…。栗山千明は少女時代が1番好きだなーやっぱり。

 

小説が出版された当時は中学生が殺し合うってのがかなりセンセーショナルで問題になったらしいけど、今はそんなストーリーごろごろあるから、時代は変わるね。でもバトルロワイヤルが礎になったんだろうな。

 

しんちゃんは当然面白かったけど、あとの映画は私的には微妙だった。「ジンジャーの朝」は映像が綺麗だった。内容は…。エル・ファニングの演技を楽しむ映画ですね。

 

ティファニーで朝食を」はティファニーで朝食とるのが最初だけで笑ってしまった。サウスパークは外人じゃないと笑えないブラックジョークが多くて、うーんって感じ。もっと人種差別なスラングとかに詳しければ面白かったのかな。

 

永い言い訳はもう少し時間が経ってから見返したらもっと趣が違ってくるかも。なんか主人公が好きになれなくて、好きになれないダメさが自分の中にもあって、微妙に辛いのが勝ってしまった。あと主人公が私が苦手なタイプのおじさん。

 

SAW IIは結構面白かったんだけど、オチのシーンはふーんって感じだった。1番最初の拷問器具が1番痛そうだったので、あとは結構がんばって観られた。ゴア表現そこまで得意じゃないけど。

 

最近は感情的なことでブログに書くことが減ってきたから、観た映画とか読んだ漫画の話をちょこちょこしていけたらいいかなー。

 

 

趣味の話

またこの時間に起きてしまった。昨日4時間ほど昼寝したけど、1時に眠って3時半には目が覚めてしまった。うーん。あまりいいことじゃないかも。多分今日も昼寝しちゃうだろうなあ。

 

昨日は専門の友達と上野に飲みに行ってきた。といいつつ飲まなかったけど。最近は缶チューハイ1本で吐いちゃうかもしれないから。でもお酒抜きでも楽しかったなあ。

 

久しぶりに遠慮なく喫煙してちょっと良かった。2020年までには完全にやめる予定だけど〜〜。好きなのはアークロイヤル。でもタバコ屋に行かないとないから、普段はアメスピ吸ってる…。

 

飲みの後は店内が騒がしかったので純喫茶に移動した。どこに行っても、各地の純喫茶が大好き。だから純喫茶巡りを趣味にしたらいいんじゃないかと思ったんだけど、帰って来てAにそのことを言ったら「もっと自分を高めるようなことを趣味にしなよ」と言われて心底萎えてしまった。

 

最近になって外出したいと思うようになったのに、帰ってきてずーっとゲームしてるような奴に言われたくない。「Kちゃんごめんね」と言われたけど、Aの本音は「自分を高める趣味」とかいうもので、謝られても何も許す気にならなかった。「Aはずっとゲームしてるじゃん」と言ったら「ゲームは楽しいよ」って言われた。あんたの趣味と私が純喫茶巡りを趣味にしたいのと、何が違うの??

 

前々からやりたいことがなくて、何か趣味が欲しいって常々言ってたから否定されて悲しかった。「悲しませてごめんね」じゃないよ。

 

 

そうそう、先月に格安スマホにしたんだけど、どうも調子がおかしくて悲しい。5ギガで契約して、まだ月初めなのにWi-Fi環境下にないとまったく使えないという…試しに電話かけてもらったら、電話だけはなんとかなったけど。明日楽天モバイル行こうかな。

 

 

広告を非表示にする